千葉で通夜や葬儀に参列する際の見逃される服装のマナーについて

通夜や葬儀に参列する時は、服装にも気をつけなければいけません。

千葉の葬儀に参列する時に失礼にならない通夜や葬儀の服装を知っておき、恥ずかしい思いをしないようにしたいものですね。

【通夜の時の服装】

通夜は仮通夜と通夜があり、仮通夜は亡くなった直後に行われるものです。

亡くなられたことを聞き、取り急ぎ駆けつける時は、地味な平服で行っても構いません。

この時に喪服を着ていくと不幸を予期していたように思われ、かえっておかしいと言われています。

通夜の場合は、葬儀の前日に行われるもので、親戚や友人、知人が参列します。

急でない限りは、ブラックフォーマルを着ていくのがマナーとされています。

【葬儀の時の服装】

葬儀の時にはやはりブラックフォーマルを着るのが一般的です。

急な知らせで喪服が用意できないという場合はレンタルもありますが、やはりフォーマルウエアは一式そろえておくべきでしょう。

そう何度も着るものではありませんが、無ければ困るものですから用意しておくようにしたいですね。

【子供が参列する時は】

子供も葬儀に参列することはあります。

その場合の服装ですが、学生なら制服を着ます。

制服がない場合は、白いシャツにブレザー、紺かグレーのズボンやスカートを着た方が良いでしょう。

赤ちゃんの場合は白い服で問題ありません。

子供だから別にどんな格好でもいいや、と普段着でいることがありますが、やはりある程度落ち着いた服を着た方が良いとされています。

【冬のコートは気をつけて】

冬の葬儀に参列する場合、コートを着ていくことがありますが、毛皮、革などは殺生をイメージするので良くないとされているので注意してください。

案外見逃されがちな服装マナーですが、覚えておきましょう。