訃報やお悔やみ、葬儀を千葉で執り行う前のNGマナーについて

葬儀にはいろんなマナーがあります。

葬儀は何度も経験するものではないので、参列するとなるとマナーが気になるものです。

ある程度の大人になっていたらなおさらですよね。

恥をかいていないだろうか、これは正しいのだろうかと思うことがたくさんあります。

ここでは、葬儀参列前のNGマナーについてまとめました。

【訃報を聞いたらすぐに弔問?】

親しい人の訃報を聞いたら、すぐに駆けつけたくなるものです。

弔問に行くのは悪いことではないのですが、それが深夜だった場合はどうなのでしょう。

家族や身内ならわかりますが、親しくしていた程度なら深夜の弔問は遠慮した方が良いでしょう。

【電話でお悔やみを伝えるのはOK?】

通夜や葬儀を控えた遺族の方々は、家族を亡くした悲しみと慌ただしさで大変取り込んでいます。

そんな時に自宅に電話をかけてお悔やみを伝えるのは失礼にあたります。

葬儀に参列した時か、参列できないなら弔電を送るようにします。

【弔問は長居しない】

弔問に行った際、あれこれと話し込んで長居するのは良くありません。

お悔やみの言葉を伝えたら早々に引き上げましょう。

何か手伝えることはないか聞き、率先してお手伝いをしましょう。

また、故人との対面をお願いすることも控えます。

遺族から顔を見てあげて、と勧められたらお受けしましょう。

【常識の範囲で動けばOK】

これらの葬儀の参列前のNGマナーは、すべて常識の範囲で考えればわかることですよね。

すぐに弔問に行かなければ!と思うのはわかるのですが、時間を考えずに行動するのはあまり良くありません。

皆さん必ず持参する数珠。

この数珠に関してもマナーがありますので改めておさらいしておきましょう。

◆数珠のマナーに関する関連リンク⇒https://welq.jp/26303