香典やお話など、千葉の葬儀に参列する際のNGマナー

通夜や葬儀に参列する時は、独特の雰囲気なので緊張してしまいますね。

何度も行くものではないので余計にそう思います。

ここでは、葬儀に参列する時にしてはいけないこと、NGマナーをまとめましたので参考にしてください。

【香典に新札はダメ?】

通夜や葬儀に香典を持参しますが、その時のお札は新札を使わない方が良いと言われています。

結婚式というおめでたいことには新札を使いますが、香典に新札を使うと「死を予期してあらかじめ用意していた」とされるので注意です。

かといってあまりに古いお札も失礼なので、新札なら折り目をつけて用意すると良いと言われています。

【遺族と長話をするのはダメ】

遺族と親しくしていた場合でも、葬儀の席で長話するのは避けましょう。

お悔やみの言葉を伝えるだけで十分です。

また、故人が亡くなった経緯、原因を根掘り葉掘り聞く人がいますが、これも失礼にあたるので注意しましょう。

【知り合いに会って近況報告はダメ】

葬儀会場で久しぶりに知り合いに会うことがあります。

その場所で近況や世間話をするのはマナー違反とされていますので、話は会場を出てからにしましょう。

参列者同士でワイワイ話している光景を見かけることがありますが、あれは良くないことなのです。

【NGマナーを覚えておこう】

通夜や葬儀の参列でのNGマナーについてまとめましたが、これらのことを覚えておき、マナー違反の無いようにしたいものです。

ある程度の年齢になれば、このような場でNGな行動をしていると笑われることになりますので注意しましょう。